今日は朝早くからサッカーを見ていたので寝不足です。。。

日本代表の本田圭祐がACミランに移籍したんでね。やっぱりミランファンとしては本田が入って嬉しいし、試合も見逃せないですよね。

まさか日本人がミランの10番を背負うなんて日が来るとは思ってもいなかったですよね。

本田には頑張って活躍してもらいたいですよね。

今ミランは調子が悪いんで、本田がどうにかしてくれれば日本人としても嬉しいです。

ただ、今日の試合は勝ちはしたけど、内容的にはイマイチでしたね。。。

まぁこれからドンドン活躍するのを期待しときます!!

私は以前車で2時間ぐらいかかる隣の県に引っ越した時に、犬を飼っていて、その移動手段で大変困りました。

うちは数年前から車を手放していたので、私達は隣の県に引っ越す時に高速バスで移動したのですが、犬は高速バスに一緒に乗せることができなくて、引越し屋さんに家具と一緒に運んでもらうようにしたのですが、うちの犬は人見知りが激しい上に車にもすぐ酔うので、大丈夫だろうかと、心配で心配でしょうがありませんでした。

それでも何とか新しい引越し先まで家具と一緒に引越し屋さんのトラックに乗せて犬も連れてきてもらったのですが、着いたとたんに犬がくたくたに疲れてなおかつ警戒心が強くなっていて、新しい環境をすぐに受け入れることができなくて、大きな声でずっと吠えっぱなしで大変でした。

引越しのトラックの中の檻に入れられていたのも大きなストレスの原因みたいで、暗くてとても怖かったみたいです。

仕方がないと云えば仕方がない事なのですが、しばらくの間ずっと犬が情緒不安定になっていて、いつも吠えてばかりいたので、犬の心のケアと引越しの荷物の片付けで私はとても疲れてしまいました。

何かもっといい方法で、ペットを運べる手段があるといいなぁと思いました。

引っ越しに伴い、洗濯機と電子レンジを買い換えました。 電子レンジは、市の有料粗大ゴミで1000円で処分してもらえるとのことで、処分の手続は簡単に済みました。

しかし、洗濯機は市の粗大ごみでは取り扱っておらず、自分で処理方法を探さなくてはいけませんでした。 新しい洗濯機を購入したお店に問い合わせたところ、有料で古い洗濯機を引き取ってくれるとの話でした。

しかし、条件があって、新しい洗濯機を配送した際に、古い洗濯機を引き取るということもでした。 今回、新しい洗濯機を新住居に配送してもらうことにしていました。そのため、旧住居にある洗濯機は違う場所にあるため、引き取ってもらえませんでした。

どうしたものかと思案している時、自宅のポストに「不用品を無料回収します」とのチラシが入っていました。 早速電話をしてみると、無料で洗濯機を引き取ってくれるとのことでした。

引き取り時間は、先方にあわせるのが条件だったので、1週間後となりました。 ところが、当日の朝になると業者さんから電話があり、急用のため、日にちをずらしてほしいとのこと。 引っ越しまで時間があったので、了解して次の日にちを約束しました。

しかし、2回目の約束もキャンセルとなり、3回目の約束は引っ越し前日となりました。 しかし、当日の夕方まで待っても、音沙汰がなく、結局回収してもらえませんでした。(一体、あの業者さんは何者だったのかいまだ不明です)

引っ越しの日には、全て荷物を出して明け渡しをしなければならないため、慌てて他の業者さんを必死で探しました。 幸いにも、引っ越しの当日の早朝に引き取ってもらえる業者さんが見つかりました。

当日の朝は「またキャンセルされるのでは」とドキドキしながら待ちましたが、時間どおりに引き取りに来てもらえました。

このように引っ越しはなかなか計画的に進まないので大変ですよね。 まあ、一番計画的にいかなかったと言えば、引っ越し費用ですね。見事に予算オーバーでした。 電化製品など買い換えたのも原因なんですが、引っ越し代が予想より高かったです。主婦向けローンを利用してしのぎました・・・。

引っ越して早々、節約生活ですね。

私は引っ越しをする時に、私一人しか居なかったので、荷物の監視をすることが出来ずに、困ったことがあります。引っ越しをする時には、最低でも2人は居るべきだと思いました。単身引越しはつらいですね。

人数は多ければ多いほどいいです。引っ越しの荷物が正しく運ばれているかどうか、見張りをする人が必要だと思います。

私が引っ越しをした時には、同じビルの別の階に引っ越しをしたのですが、その引っ越し先の階の部屋と引っ越す部屋を行ったり来たりを繰り返していましたが、やっぱり不十分で、引っ越しの際になくなったものがあとで分かったりして、すごく不愉快な思いをすることになりました。

引っ越し業者の人に聞いても、分からないという返事しかなくて、自分一人しかいなかったので、そう言われてしまうとそれ以上何も言えなくなって、妥協するしかなくなりました。

でも、確かに引っ越しの時になくなった物があるので、とても不愉快です。 やっぱり引っ越しをする時には、見張りをする人がいてくれたほうが絶対いいと思います。

引っ越しをするたびに荷物が盗まれていたのでは、たまった物ではありません。 それに壊れたりしていても、荷物が箱に入っていて、荷物を開ける日が遅くなったりすると苦情も言えずに困ります。

まず引っ越し前は引っ越し業者に頼んだが、ケージにどの程度の荷物が入るか予想出来なかった。

おおよその大きさはパンフレットなどに書いてあるものの、家族の協力を得ても実際にどのようになるかシミュレーションできないため少し荷物を減らさざるを得なかった。

結局の所引っ越し屋の積み込みの上手さでスペースはむしろ余った方だった。 これならもう少し運べた荷物があっただろうに。

次に現地に到着すると、荷物が来るまでの間ひたすら暇である。がらんとした空間でずっと待たなければならないし 時間指定も少々の幅があるからよほど計画的に行動しないと近所の散歩すら無理。

布団も無いからお昼寝もできず、ネット回線もまだ開通してないから暇つぶしに本当に困った。 また到着までにトイレットペーパーを買い忘れたため、しばらくトイレを我慢する事になった。

引っ越し業者が来てから荷物の搬入までは非常に楽である。基本的に積み込み等は業者に任せていればいいし 家電の設置は大抵コンセントを繋ぐだけ。しかしここで困ったのがタップが無い事である。

実家から引っ越し、実家に延長コードやタップを置いてきてしまったため、壁に設置する冷蔵庫などは良いとしても、PCなど部屋のインテリアやデザインを考えて好きな場所に置きたいものが置けなくなってしまった。 しかも夕方頃にそれに気づいたため、タップを買うのは次の日になってしまった。

ネット回線の開通を引っ越し当日に行えないと本当に困る。私の携帯やパッドは実家ではWi-fiで高速通信を行っていたため、3Gに切り替えて使っているとあまりの遅さにイライラするし、友人や海外との連絡に使っていたskypeが使用不能になると一週間程度全く連絡が取れなくなってしまった。今でも冗談半分で行方不明と思っていたと言われる。

これから引っ越しをされる方が多い時期になってきます。引っ越しで困ったことは、必要なものがすぐに取り出せないことでした。

だいたい引っ越しというものは、時間に追われることが多いものです。例えば、受験から入学までの間というのは、思ったより期間が短いものです。

それまでは受験のことしか頭にはありませんから、即引っ越しとなるとあせるものです。引っ越ししたその日、あるいは数日に必要なものは別にしておくことは大切です。

そうすることによって、片付けるとき必要なものを探す時間が短縮されます。また何が必要でそうでないかも、判定するのが難しいものです。ですから、あらかじめ時間に余裕があるときに、リストアップするべきだと思いました。

ぎりぎりになって考えるよりも、余裕を持って新生活を思い浮かべるほうが、本当に必要なものを、落ち着いて選択できるものなのです。

慌てて家具を買ったけれど、よくよく考えてみるといらなかったと思えるものもありました。しかし、家具というのは、簡単に別のものをと考えることができないものなのです。

どうしても必要でないなら、引っ越ししてから選んでも良いのです。趣味に合わない家具を長い間使うのは嫌になるものです。ですから慌てて家具は買わないほうが良いのです。

それともう一つ大事なのが引っ越し費用ですね。何気に引っ越し時はお金がかかるもの。私も何度か引越し代ローンで支払いした事があります。引っ越しする時はある程度まとまったお金が必要ですよ。

過去、引越しで何度も痛い目にあったことがある。 それは騒音。もちろん自分が出す騒音に苦情を言われたこともあるし、隣人の騒音に悩まされたこともある。

恐らくご近所トラブルの発端は、ほとんど騒音でないかと思う。 でもやはり引越しで気をつけなきゃいけないのは、隣人が出してくる騒音だ。

これは自分で努力しても何ともできないので、正直すごく辛い。今から引越しを考えている人は、この騒音には十分気をつけることをおすすめします。

不動産業者と物件を見て回るのは、大抵昼間が多いと思う。この時間は住人は仕事で出払っていることがほとんどなので、生活音はあまりしない。

個人的には、日曜のできる限り遅い時間に見せてもらうことをおすすめします。

仕事が休みで、友達や恋人を連れ込んで聞こえる生活音をチェックしておくと、後後のトラブルの防止にもなるでしょう。 他人の生活音が聞こえるということは、自分の生活音も聞こえているということにも十分注意してください。騒音で悩まされると、プライバシーがないという二重の苦しみを味わうことになります。

覚えている限り、過去12回ほど引っ越した経験から、断言させていただきます。 引越しは騒音に始まって、騒音に終わります。

引越し当日、業者さん(クロネコヤマト)が着いた時点でまだ荷造りが完了してなかったことが、引越し最大の「困ったこと」でした。もちろんほとんど終わりかけてはいたのですが、身のまわりの荷物がまだ箱に入らず点在状態。

引越し前夜は徹夜して、一分一秒を争って荷造りするという、引越しとは思えない有様の中、よりによって業者さんが到着したのは、約束の時間の30分前でした。私は涙目で内心「早いよ~!」と叫んでいましたが、30分前にまだ終わっていない方が間違っています。

そもそも私は荷物が多く、その割に当時の部屋は非常に狭くて、まるでパズルのように生活していました。生活する分には何とかなっていたのですが、引越しとなると当然荷造り後の箱を積む場所も必要です。

しかも家具から荷物を出しても当然家具が消えるわけではありません。そんな当たり前のことに気付くのが遅すぎました…。初めての一人暮らしで8年も住んでしまった部屋は魔窟状態で、引越しは非常に大変なものとなりました。

結局、荷物を運び出す業者さんに叱咤激励されつつ残りの荷物を何とか箱に放り込むという、タイムトライアル引越しとなりました。有り得ないほどクタクタになった引越し当日でした。 その後部屋は少し広くなり、多少荷物を置く場所は確保出来るようになりましたが、荷物の多さはやはり変わらず。次の引越し時までには何とかそちらを減らすことから始めようと思います…。

結婚して家族を持ってからも仕事の都合や子供の通学のことなどを考えて、数回引越しをしています。引越しも当初は業者にすべてお任せで業者の見積もり金額そのままでお願いしていましたが、回を重ねると少し値切ってみたりもしました。

そして、もう少し節約をと考えて、引越し業者に運んでもらう荷物を出来る限り減らして自分たちで、しかも自家用の軽自動車で何日かかけて運ぶことにしましたことがありました。

退去日や入居日も考えて十分な日数もありましたし、出来ると軽く考えていました。 しかし、実際にやってみるとなかなか思うようにいかず、予想以上に積み下ろしや車と部屋との往復に時間がかかりどんどん日にちがなくなっていきました。

トラックでも借りて日にちを決めて一気に積めるだけ積んで運べばまだ良かったかもしれませんが、予定していた半分も運ぶことが出来ませんでした。引越し業者さんは我が家でお願いした荷物を積んでもトラックに空きがあったので契約外の荷物もご好意で運んでくれました。

それでも退去の立会いの日にやっと全ての荷物を部屋から出すことが出来ました。 大慌てで掃除をして、なんとか明け渡しも出来ましたが、運んだ荷物を解くのも大変でした。余裕が無かったので、効率良く置くことも出来ず、すぐに使うものが一番奥の一番下の箱に入っていたりと散々でした。やっぱりプロの仕事は違うと思い知らされました。

その後の2回の引越しでは基本的にほとんど業者に運んでもらい、確実に運べてすぐに使うものなど、自分たちで運ぶものは限定しています。

費用対効果の問題や各家庭での考えはあるでしょうが、やっぱりプロにはプロの存在する理由があります。自分の浅はかさを知らされると同時に身近なプロを知る良い経験になりました。

ただやはり、引っ越し費用はかなり必要ですね。引っ越し業者に頼むのもそうですし、不動産に支払うお金などを入れると、はっきりいって、お金が持ちません。主婦キャッシングを利用してやりくりしています。

引っ越しするたびに、赤字の生活です。

引越しで困ったことは、いくつかあります。まず、引き払う住居の粗大ゴミや生ゴミ処理でした。自治体の規則で出す日が決められていて、それ以降にでたゴミの処理に困りました。

なるべく、ゴミをださないようにするために最終的に、コンビニ弁当や外食が増えました。梱包してから、必要になったものもあります。電気ガス水道電話の停止日や開始日の管理です。 新居はあらかじめ電気ガス水道を使えるようにしておきますが、停止日の管理などを計画してやらないと無駄に代金を払うことになります。家具などの搬入のために寸法を測っても、実際に家具を設置してみたら、扉や引き出しが引っかかってしまい計画通りに置けなかったこともあります。

後は、インターネットが繋がらないことでした。インターネットが使える環境がないと、薬局や病院や郵便局がわからないなど周辺情報がわからず手間取ってしまったことがあります。

また、家具の運送の際に傷がついてしまったこともあります。新居が思いのほか、汚れており家具設置の前に全体的に掃除必要になったこともあります。

これらは、それなりに料金の高い引越し社に頼めば解決しますが、新しく生活を始めるとなると物入りとなるため節約したくなり、引っ越すたびにお金がかかるので困ることもあります。 また、急ぎませんがクレジットカードの住所変更の管理も大変でした。



  • 最近のコメント


    • カテゴリー